ライスパワーができるまでのこと

江戸時世から長続きさせる、造り酒屋ということで経験してきた醸造発酵の手法と、社長・徳山のサイエンティストの形での経験に証拠られた見聞との融合により実用化された、勇心酒造独自のメソッド「和のテイスト型バイオ」。このテクニックによって、どこにでもある力を100パーセントの力で持って行き、全世界で唯一の成分とオッケーが出た「ライスパワーエキス」が作り出されるのです。

素材は国産のお米100%

ライスパワーエキスは国産のお米100%を成分に作成してあります。

己の技量技術でお米のエキスを抽出

まずお米を蒸したいと思います。蒸しちゃった後、勇心酒造だけにあるメソッドでお米の抽出液を引っ張り出します。

微生物を繋ぎ合わせる

麹菌、酵母、乳酸菌等をいろいろとコーディネート、かなりの時間じっくり発酵させたいと思います。抽出物のNo.ごとにバクテリアの類やコーディネート、発酵継続期間が異なるため、十分な留意が必要です。

樽の中でまばたきせず発酵

発酵行なわせている間、樽間に於いてはゆたかな微生物が作用しております。微生物個々が双方ともにインパクトを与えしっくりくることで、科学では考察できないほどのややこしいスパイラルが生じ、1つとされる世界が生み出せていくというわけです。そうしてライスパワーエキスという革命的な成分がつくり流通します。

微生物の働きを手助け

どこまで行っても人間がやるのは、工夫や回避。微生物が持つノータッチの力を100パーセントの力で生かすために職人技とも言える神業的なイメージがないとできません。
まばたきせず発育行なわせて完成

約90日間静かに発酵・熟成引き込んだ後、辛辣なクオリティコントロールを経て、ようやくのことライスパワーエキスが仕上がります。

ライスパワーエキスの製造者たち

ライスパワーエキスのリサーチ開発を行なっているのは、依然として現役バリバリの研究者である会社の代表・徳山孝をはじめ、醸造発酵メソッドをよく知っている職人や新発想の科学を研究しつづけきたサイエンティスト・専門家といった、経験を積んだ者たち。またライスパワーエキスのプロダクト化に関しましては、知力豊富な若手がほとんど毎日、トレーニングに勤しんでるのです。