ライスパワーって一体何なの?

ライスパワーエキスとは

ライスパワーエキス
国産の米を原料につくられるライスパワーエキス、熟知しているという人は僅かなかもしれないですね。

お米からがなされているというのは、その名前からも明確ではないにしても伺えますよね。

「酒蔵で働く現職人さんらの手は、シワや汚いものがなく麗しげで、とても美しい」という話を、あるいはいつの日か耳にしたことを経験した人もいらっしゃると思います。

元を正せば、お米をマテリアルとした美容からくる商品は、天然の美容液とされる米発酵液や、米ぬかなど、有り過ぎるのでいます。

ライスパワーエキスも、イメージできるように、お米を原料としてるのです。

生み出したのは大手化粧品メーカー等においてはなく、江戸時期から続く、香川県全体の造り酒屋です。蒸やった米のエキスに麹菌、酵母菌、乳酸菌などを組み合わせ、約90日間発酵させることで完成するエキスなんだそうです。

この独自のプロセスは日本型バイオ技術と呼ばれており、麹菌、酵母菌、乳酸菌などの組み合わせ方によって、現在36シリーズのライスパワーエキスが設計されています。

36種類、個々のライスパワーエキスには番号がつけられていると思われます。

皮膚の向上や保湿、保護など、一つ一つ全然違う力を発揮してくれると言われていて、化粧品、飲料、入浴剤など、いくつかの製品にライスパワーエキスは配合が施され、リリースしてます。

ライスパワーNo11とは

36種類あるライスパワーエキスの間にあっても、医薬部外品としての許可をもらっているものがライスパワーNo.11です。

ライスパワーエキスをテストしてみるならば、あるいは一番初めはライスパワーNo.11を継続していきましょう!

ライスパワーNo.11の特徴を、詳しくご紹介します。

ライスパワーNo11の効果

ライスパワーNo.11は、2001年に厚生労働省により、“皮膚水分保持能改善”効果が認められた成分です。

水分保持能とは、皮膚がモイスチャーを保つアビリティーのこと。

この仕様の下落すると、素肌の柔らかさや弾力は失われていき、外的刺激に対するバリア仕様がにぶってしまいます。

一口に言うと、肌の老化=エイジングが一番にいってしまうこともあると聞きます。

ライスパワーNo.11は、肌見えない形でセラミドの制作を早めるお蔭で、この水分保持能を強める力を発揮してくれるとされています。

通常の保湿成分と違うのは、外側より潤いを押し込むケースとはズレがあり、肌の内部で湿気を保てるみたいに注意を呼びかけるという所です。

セラミドとは

ライスパワーエキス
ライスパワーNo.11は、肌内部でセラミドの生成を促す」と御案内行ないましたが、セラミドってそもそもなに?と言われます。セラミドとは、本来、自分達が肌内部で分泌される“細胞間脂質”のことをいいます。

人間の皮膚の元となっている細胞と細胞の間には、スポンジと変わらないが見受けられます。

スポンジに水を付与すると大き目に上昇しますよね。

スポンジが潤いのある状態で持続できれば、お肌は潤いやハリを保つケースができ、乾燥や紫外線を始めとした外部刺激からお肌を防ぐことができます。

逆にスポンジが乾いてしまうと・・・お肌はカサカサ、外部刺激にも弱く、すぐにトラブルに見舞われてしまいます。

このスポンジの職責を果たしているのがセラミドです。

セラミドがどれほど重要な役割をはたしているか、もうお気付きですね。

ずばり、肌のエイジングにそのまま結びついておられるといっても間違いないでしょう。

水分をワッシワッシと維持し続けた状態で、ずっといて欲しいものなのですが、惜しくも、セラミドは加齢とともにカットしてしまうことになります。

角質中のセラミド調合量は、50歳代それでは、20歳代の50%にまで半分になると聞いています。

この“紛失したセラミド”を補う時に使う化粧品選びには、現在、二つに分けて2つの方法の見られるということになります。

 

  1. セラミド本体を外側から補うために、セラミド配合のコスメティックを利用する。
  2. セラミドの生産を促す衝撃的なライスパワーNo.11が配合された化粧品を選ぶ。

 

①も②も最終標的は違いませんが、異なっている入り口をするため、いずれの方が優れていることを意味しているのではないと思われます。

①の場合は、お肌に潤いをもたらす点に於きましては素早い効き目がありますけど、②は高評価を得ているお肌のパワーをアップさせ、コツコツ地道にご自身の手にてで潤うようにバックアップする方法なので、敢えて選べば、究極的な目的を得るには②である程、ちょっとだけ長時間拘束されるということかもしれません。

このように話題にすると、「ライスパワーNo.11配合化粧品のモイスチュア効果力は即効性がないつもりなのか」と位置付けてしまう人もいるそうですね。

確かです!

ライスパワーNo.11そのものズバリも、保湿力に真っ赤になって完璧であるため、①のセラミド配合化粧品と、保湿力にはそこまででかい差はないと思って良いでしょう

 

⇒セラミド化粧品【効果・口コミ】人気商品を比較おすすめは?

今回は、ライスパワーNo11を取り入れた化粧品を手に取るように引き合いに出してみることにしました。気になる保湿力や使用感などを調査報告書しますので、ライスパワーNo11化粧品に興味をもった人は、ぜひ案内します。